プライスリスト
検索窓

■歯並びが悪いとどうなる? 

20200903.png


20200903-2.png

受け口や開咬(かいこう)、叢生(そうせい)などのいわゆる乱ぐい歯すきっ歯などと言われる、歯並びの悪さにもいろいろありますが、見た目や咀嚼に影響があるだけでなく、歯みがきが行き届かなくなるために虫歯になりやすくなったり、発音に影響が出てしまうこともあります。

さらに、口周りの筋肉や唇にクセがつき、口呼吸になってしまう原因にもなりかねません。 

また、歯並びの悪さの原因はさまざまで、指しゃぶりなどの生活習慣からなってしまう場合と、もともと歯の本数が少ないなどの遺伝的な場合に分けられます。生活習慣は気をつければ歯並びが改善される可能性がありますが、遺伝的な要因は歯自体を動かす必要があり、歯列矯正が必要となることがあります。 



■子どもの矯正の時期や期間について 

子どもの歯列矯正は2期に分けられ、あごの骨の成長時期が大きく関係してきます。子どものあごは15歳前後まで成長するので、観察しつつ適切な矯正治療をする必要があります。1期矯正はあごの骨を矯正する治療で、3歳〜12歳に行われる矯正です。あごの成長が著しいこの時期に骨格を矯正することで、よい結果を得られやすいことが分かっています。 

2期の治療は、個人差にもよりますが12歳前後から開始する矯正です。あごの骨の矯正が終わったお子さんや、骨の矯正が必要のない場合は、この時期から矯正を始める場合が多くなります。また、永久歯がすべて生え揃った2期の治療期間は2〜3年ほどが目安です。 

歯列矯正は虫歯治療と違い、比較的長期の治療となります。ワイヤーやマウスピースなど、矯正器具を毎日長時間入れるため、子ども本人の矯正が治療を希望するかの確認も必要です。このため、矯正を成功させるためには、お子さんとしっかり話し合うことも大切です。 



■乳幼児の骨格矯正の必要性 

7歳くらいから小学校中学年頃までに行われる1期矯正は、あごの骨を動かす骨格矯正です。小さいころに骨格矯正をしておくことで、大人になって歯列矯正が必要な場合も、歯を抜く必要がありません。また、再度矯正する場合にも短期間で済むため、長期の治療を見据えた場合によい結果が得られることが分かっています。 

あごの骨の矯正に使われる装置は、口の中に入れる拡大装置や、頭に装着するヘッドギアなどの器具を使用します。期間は1〜3年ほどで、定期的に歯科へ通院することが必要であるため、治療前にしっかり計画を立てて、期間中お子さんの体調管理をしっかりすることも重要になります。 

乳幼児の1期治療の開始時期はお子さんの成長とも関係するので、小児歯科とカウンセリングを行い、適切な時期を逃さないようにしましょう。また、あごの骨格矯正が必要でないこともあるので、矯正専門医に見極めてもらうことも大切です。