プライスリスト
検索窓

■歯ぐきが赤く腫れる「歯肉炎」が歯周病の始まり 

歯周病は、歯ぐきが赤く腫れる歯肉炎から始まります。
歯垢や歯石が歯と歯肉のすき間や、歯と歯のすき間に溜まることで歯肉炎になります。歯肉炎になると、歯ぐきが赤く腫れて炎症し、出血することもあります。 

とはいえ歯肉炎の段階なら、家庭でしっかり正しいブラッシングをすることに加えて歯科医院でプラークや歯石を取り除くケアを受けることで、健康な歯肉を取り戻すことができます。
しかし、歯肉炎を放置してしまうと、歯と歯肉のすき間(歯周ポケット)に歯石がどんどんたまり、ポケットが深くなっていきます。さらに酷くなると膿が出ることもあります。 

また、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が炎症により壊されてしまうと、歯を支えることができなくなり、最終的に抜歯しなければならなくなってしまうこともあります。 

初期の歯周病は自覚症状がないことも多く、気づかないうちに病気が進行して骨にまで炎症が到達してしまうと、場合によっては手術が必要になります。歯周病を防ぐには、定期的に歯科医院でチェックしてもらい、適切な処置を受けることが重要です。また、ご自分でも丁寧に歯と歯肉のすき間をブラッシングするよう心がけましょう。  


20200917-01.jpg



■歯周病の原因は「歯垢」のみがき残し 

歯周病の大きな原因は、歯みがきのブラッシングが歯肉まで行き届いていないことです。
特に歯と歯ぐきの間は忘れてしまいがちで、歯自体はしっかりブラッシングしていても歯の境目に歯垢が残り、歯周病菌が繁殖してしまうのです。 

歯垢(プラーク)が長い間歯の表面についていると、唾液のカルシウムやリン酸と結びついて、軽石のような硬い歯石ができてしまいます。この歯石に細菌が引き寄せられ、さらに繁殖していくのです。歯肉の周囲で細菌が繁殖すると、酵素や毒素を出すようになり、歯肉が赤く腫れたり出血を起こすようになります。 

歯と歯肉のすき間(歯周ポケット)は酸素が少なく、細菌の繁殖しやすい環境です。このため歯周病菌はさらに繁殖し、歯を支える歯槽骨を溶かします。こうなると歯肉が下がってきたり、痩せたりして歯がぐらつくこともあり、酷い場合は歯が抜けてしまう原因にもなりかねません。 



■歯周病の「検査と治療」 歯周病の初期はあまり自覚症状が出ないため、気づいていたらかなり進行してしまっていたというケースが少なくありません。ですから、定期的に検診を受けることが重要なポイントとなります。 

歯科医院ではプローブという針状の器具を歯周ポケットに入れて深さを調べるプロービング検査や、歯垢の付着を調べたり、レントゲンによって骨の状態を確認する検査などが行われます。 

20200917-02.jpg


検査の結果、歯周病と診断されたら、まず歯石除去や噛み合わせの調節などを行い、さらに正しい歯みがき指導が行われます。歯周ポケットの深さが改善されず重症と判断された場合は、歯ぐきの手術が必要なこともあり、この場合は歯周外科手術を行います。手術は1~2時間ほどで、歯肉を切開し深い部分に残る歯石や膿を取り出して歯周組織の再生を図ります。 

重度の歯周病にならないためにも、普段の習慣を見直したり、定期健診を受けることをおすすめします。


20200917-03.jpg