プライスリスト
検索窓

■むし歯ではないのに歯がしみる?

simiru.png


歯がしみるのでむし歯と思い、歯科を受診したものの、むし歯ではないと言われたことがありませんか?むし歯ではない歯がしみる場合は、「象牙質知覚過敏症」であることがよくあります。

歯の表面は、エナメル質という、非常に硬い組織に覆われています。しかし、歯の根元の部分には、このエナメル質がありません。エナメル質の下には、象牙質という組織があります。この象牙質には、細かい管がたくさんあり、歯の神経と直接つながっています。その管の事を象牙細管と言います。

むし歯でなくとも、この象牙細管が外部に露出してしまうことで、歯の中の神経が過敏となり、少しの刺激で歯がしみるのです。

過度なブラッシング圧や酸植物の摂取、歯ぎしりや、かみしめることなどによりエナメル質がない歯の根元部分の露出や摩擦、噛み合わせの不調和、かみ癖によるすり減りなどが原因です。

知覚過敏の原因が歯がすり減っている場合には、その象牙細管をしっかりと封鎖し、丈夫で詰め物が外れにくい接着剤を用いた治療が必要です。無意識のうちに起る「かみしめ」や歯ぎしりがある場合はマウスピースの装着が必要な場合もあるでしょう。

予防法としては、歯磨き剤の中には研磨剤が含まれており、歯を摩耗させる原因となりますので、過度なブラッシングをしないこと、炭酸飲料に代表される酸性に傾いた飲食物の過度な接種を控えること、お口の中と摂取物の温度差が大きいと症状が出てしまうので、歯磨き後は、なるべくぬるま湯ですすいだり、極端に冷たいものの摂取をさけたりなど、生活習慣の改善も必要です。

症状が悪化し、放置していると、歯の神経を取らないと症状が消えない場合もあります。歯の神経を取ってしまうと、歯を失うリスクが高くなってしまいます。

このように、歯がしみることに対する治療法は状態により異なりますので、歯科医にご相談されることをお勧め痛ましす。



■キシリトールの有用性

キシリトールガムで歯は強くなるのでしょうか? またいつ食べるのが効果的でしょうか?

まず、キシリトールは天然の代用甘味料として知られた白樺などの木の構成成分であるキシランヘミセルロースから作られます。北欧では、昔からキシリトール入りのガムを食べて虫歯予防をしていました。

むし歯は、口腔内で生成される酸などによってエナメル質のカルシウムやリン酸等が少しづつ溶けだして進行していきます。そこで、キシリトールの効果は、むし歯の原因となるミュータンス金の数が減り、次にプラークの量が減りプラークが葉書で落ちやすくなります。

また、口腔内が酸性になりにくくなり、キシリトールの甘さによって唾液が出やすくなり口の中の汚れを取って再石灰化をも助けます。

キシリトールガムで歯は強くなると考えるのは少し違うかもしれません。やはり、口腔清掃を行ってキシリトール入りのガムを食べるという方法が良いでしょう。

また、いつ食べるのが効果的かとなると、食後に食べるとガムでの口腔清掃を兼ねると言う意味では良いと考えます。しかし、ここで間違ってもガムを食べれば口腔清掃を少なくしても問題がないと考えないでください。

やはり口腔清掃の一番は歯みがきです。いくらキシリトール入りのガムが良いとはいえども歯みがきには劣ります。

基本的には、口に食べ物を入れた後には必ず歯みがきをしましょう。歯みがきした後は何も食べないようにしましょう。

最後にキシリトールガムの効果は数か月間毎日、毎食後に口腔清掃を行った後ガムを噛めば、口腔内が虫歯になりにくい状態に改善されるでしょう。

このキシリトールでも副作用で下痢が発生することがあります。人口甘味料ではまれに見られますので控えてください。


泉田歯科医院で販売しています。
xylitol.png