プライスリスト
検索窓

■メタボリック症候群と歯周病の関係

最近巷では、お茶から炭酸飲料まで、脂肪を吸収しにくくする特定保健用食品が大ブームです。また、メタボリック症候群の予防のために始まった、いわゆる「メタボ健診」(特定健診・特定保健指導)が2008年4月より行われています。

メタボリック症候群(以下メタボ)は、食べ過ぎや運動不足など、悪い生活習慣の積み重ねが原因となって、内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)を共通の要因として高血糖、歯質以上高血圧が引き起こされる状態です。

それらの状態がいくつか重なると、心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる危険な病気を招くこともあるのです。

メタボの人は歯周病にかかりやすく悪化しやすいことが知られています。歯周病は、お口の中の歯周病菌が歯の周りの骨を溶かして、最終的には歯が揺れて抜けてしまうことさえある怖い病気です。

そして最近の研究で、歯周病はメタボの進行をより悪化させ、危険な病気を招く可能性を高めることも分かってきました。歯周病菌が作り出す毒素が血液中に入り全身に回って、心臓病や脳卒中、糖尿病、肺炎などを引き起こすこともあるのです。

メタボの予防は、食生活の改善、十分な睡眠、禁煙、適度な運動など、生活習慣を改善することが基本となります。歯周病の予防は、メタボの予防にも大きく関わっています。原因となるプラーク(歯垢)を日々の歯磨きで丁寧に除去し、歯科医院で定期的に歯石除去を含めた健診を受ける事が大切です。

また、よくかんで食べることは、殺菌・洗浄効果のある唾液の分泌を促し歯周病の抑制につながると同時に、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎの予防にもなります。

メタボと歯周病を双方から予防することで、おいしく健康な日々を送ることができるのです。


2020110514121526808.png
侵攻した歯周病菌・その他によって顎の骨が溶け始め、抜け落ちてしまいそうな歯』



■定期検診で歯周病予防

定期健診の必要性について、なるべくわかりやすく説明したいと思います。

定期健診ですることは、歯磨きがしっかりできているか、新たなむし歯ができていないか、などいろいろあります。中でも、成人の8割がかかっているといわれる歯周病の定期健診の重要性について説明します。

歯周病とはどんな病気でしょうか?
歯周病とは、プラーク(歯垢)の中の歯周病原菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に歯の周りの組織を破壊していく細菌感染症です。痛みなどの自覚症状がなく進行することが多いので、サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯をささえている骨を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

また歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身の病気と関係していることが注目されるようになっています。

例えば、メタボリックシンドロームの要因の一つである肥満の方は脂肪細胞から次々と炎症物質が放出され、それが歯ぐきの炎症を引き起こし、歯周病の発症や進行と関係するのではないかと考えられています。

また、糖尿病の方は歯周病にかかっている割合が高く、重症化しやすいことがわかっています。同様に、歯周病のある人はない人と比べて歯科疾患を発症するリスクが高いと言われていますし、歯周病原菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症など食物の飲み込みをうまくできない人は、特に注意が必要です。

このように全身の病気の引き金になりますので、2、3カ月毎に定期的に歯周病に関連した検査を受け歯磨きの状態をチェックしてもらい、歯石や歯垢の除去といった歯科医師、衛生士の専門的なケアを受ける事が重要です。