プライスリスト
検索窓

子どもの歯磨きの仕方 子どもの歯磨きのコツは?嫌がる場合の対処法虫歯を防ぐためには、歯磨きがとても大切です。 子どもの歯は、早いと生後6ヵ月頃から生え始めますが、まだまだ幼いお子さんの歯磨きは難しいものです。

今回は、子どもの歯磨きのコツと嫌がる場合の対処法をレクチャーします!

■歯ブラシに慣れましょう
20210325-2.png
一般的には「歯が生え始めたら歯磨きをした方がいい」と言われていますが、小さい頃はほとんどの子どもが歯磨きを嫌がります。 嫌がる子どもに無視してむりやり歯磨きを行うと、余計に嫌がったり歯磨きが嫌いになったりしてしまうので、歯磨きに慣れさせることが大切です。

まずは、保護者の方の膝にお子さんの頭を乗せ、口を開けて触ることに慣れてもらいましょう。次に、ガーゼなどを使って、優しく口の中や歯を拭いていきます。こちらは、歯が生えていないお子さんでも早いうちから行うことをオススメします。

口の中を見たり触ったりすることに慣れてきたら、次は子ども用の歯ブラシで磨きます。 最初からすみずみまで磨くことは難しいので、最初は歯ブラシを歯に当てるだけでもOKです。 徐々に慣れさせて、歯磨きをしていきます。

はじめは子どもの機嫌がいい時に行うと、うまくできるかもしれません。 できれば夜の寝る前に行うことが効果的ですが、歯磨きが出来ないときは、白湯やお茶を飲ませるだけでも虫歯予防の効果はあります。



■子どもに歯磨きの大切さを伝えましょう

子どもが成長するにつれ、コミュニケーションが取れるようになってきます。 うまく意思疎通ができるようになったら、歯磨きの大切さを伝えていきましょう。 しかし、コミュニケーションが取れるようになっても子どもはひとりできちんと磨くことができません。

そのため、保護者の方の仕上げ磨きが必要不可欠なのです。 まずは、急に子どもが動かないように頭をしっかり固定して、優しく磨きます。 歯ブラシは子どもにあったサイズのものを使って正しく磨きします。

子どもが歯ブラシを嫌がる場合は、歯ブラシのデザインや歯磨き粉の味を子どもの好きなものにするとうまくいくかもしれません。 泉田歯科医院では色んな味の歯磨き粉をご用意しています。

20210325-3.jpg


個人差もありますが、仕上げ磨きは小学生高学年の頃まで必要な場合もあります。 仕上げ磨きが不要になっても、子どもがきちんと磨けているかを確認してあげましょう。

20210325-1.png

■小児歯科を上手に利用しましょう

子どもの歯を守るためには、歯磨きがなにより大切だとわかっていても、子どもの歯をトラブルから守るのは簡単なことではありません。 保護者の力だけでは、なかなか難しい場合もあります。 そういった時は、小児歯科に相談してみてはいかがでしょうか。

小児歯科では、子どもの歯を守るために子ども達が楽しく歯磨きできたり、歯医者に通えたりする方法をたくさん取り入れています。 また、小児歯科では正しい歯磨き方法も親子で学ぶことができます。

困ったときは1人で悩まず、小児歯科スタッフと一緒にお子さんの歯を守る方法を考えていきましょう。