プライスリスト
検索窓

子どもの歯ならびが良くなって欲しいと思ったことは、ありませんか? 歯科矯正は、子どもの頃から行える治療です。 では、子どもの歯科矯正はいつから行うといいのでしょうか。 


■子どもの歯科矯正はいつから?
 

子どもの歯科矯正には、3歳から12歳頃の乳歯と永久歯が混合している時期に行われる「1期治療」と、小学校高学年から中学生までの永久歯が生えそろった後に行われる「2期治療」があります。 

・「1期治療」 
 「1期治療」では主に顎の骨を矯正していきます。 歯ならびをきれいにするには、顎の骨を整えることが大切です。 この頃は顎の骨が著しく成長します。 成長する時期は骨がやわらかいため矯正しやすく、整えやすいのです。 

また、顎の骨を整えることで、歯を抜く回数が少なくなる場合や、歯を抜かずにすむケースもあります。 顎の骨を矯正するため、顎や顔に装置をつけることが多いです。 「1期治療」を行うことで顎の骨が矯正され、永久歯がきれいに生えそろうのです。 

・「2期治療」 
 「2期治療」は、歯ならびを装具で矯正する治療です。 永久歯が生えそろった後に行われるため、始める時期は個人差があります。 「1期治療」を行っていると、「2期治療」は行いやすいです。 場合によっては「2期治療」は必要ないこともあります。 



■子どもの歯科矯正で大切なこと 

・時間をかけて行う 
 子どもの矯正は、すぐにはできません。 子どもは成長ごとに骨格や歯ならびが変わります。 成長によっては、矯正をしてもすぐ元に戻ってしまうこともあるのです。 成長のスピードに合わせて治療方針を変更していくことも必要です。 


20210406-1.png


・定期的な小児歯科への通院  
子どもの成長には個人差があるため、定期的に小児歯科へ受診して治療を受ける必要があります。 また、矯正する装具をつけたまま、きちんとした歯磨きをすることは、とても難しいです。 自分にあった歯磨き方法や、装具の管理を確認することも大切です。 

・親子で協力が必要 
矯正をするには、装具を長時間つけておく必要があります。 装具を長時間つけておくことは、違和感や不快感もあるでしょう。 いくら親が矯正をしたいと言っても、装具をつける子ども自身に矯正の意思がないと続けることは難しいです。 

逆に子どもだけでも行えません。 通院や装具の管理など子どもだけでは不十分です。 保護者の方の協力も必要になります。 親子で矯正をする必要性をよく話し合い、協力して治療を行うことが大切です。 

20210406-2.png



 ■早めに小児歯科へ相談を

子どもの歯科矯正は、子どもの成長に合わせて行われます。 子どもの成長スピードは個人差が大きいです。 正しい歯科矯正が行われるように、早めに小児歯科へ相談してみてはいかがでしょうか。