プライスリスト
検索窓

■金属アレルギーについて

金属アレルギーとは、勤続に接触することにより、かゆみやかぶれなどの症状が出現するアレルギーのことでするピアスやネックレスなどのアクセサリー類を身につけることによって起こることはよく知られています。
kinzoku.png

金属が直接にアレルギーを起こすわけではなく、汗やだ液などによって溶けだした金属イオンが体内に取り込まれて唾液や血液などのタンパク質と結合します。

人の免疫システムはタンパク質と結合したこの物質を異物、異常なものと認識し、再び同じ金属イオンが体内に入ってタンパク質と結合すると免疫システムが過剰に反応し炎症を起こします。

原因はアクセリーだけではなく、見逃せないのが歯科治療用の金属で、口内炎にびらんなどの粘膜炎が発症します。また、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や扁平苔癬(へんぺいたいせん)、接触性皮膚炎の原因にもなります。

診断方法としては、パッチテストが有名で皮膚に金属試薬を含ませた特殊な絆創膏を背中の皮膚に貼りつけ、アレルギー反応があるかどうかを確認します。ただし、パッチテストでは判明しないこともあり、採血してリンパ球を取り出し、金属を加えてその反応を見る「リンパ球幼弱化試験」な字の検査を行う場合もあります。

また、院生の時は、歯科金属の除去時に発生する微細な金属により、重篤な症状を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

このように口の中にも症状が出現しますので、皮膚科で精査を受け、金属アレルギーと診断されれば、歯科医院を受診して相談してください。



■トゥースウェアについて

※むし歯以外の原因で起きる歯の物理的・化学的侵食の総称

「最近、あちこちの歯が欠けたり、詰め物がポロポロはずれてきたりして、咬みにくいのはむし歯でしょうか?」

お口の中を診察すると、歯の溝の部分や隣り合ったところ(歯と歯の間)に出来る虫歯を治療した際に装着する部分的な金属の詰め物が外れていたり、あるいは、その周りが溶けてしまって今にも脱落しそうな状態でした。よく聞いてみると「3年ほど前から健康に良いということで食酢を毎日欠かさず飲んでいます」ということでした。

むし歯はむし歯菌によって産生される酸によってヒトの体の中で一番硬い頑丈な組織である歯が溶かされてしまいますが、これとは別に酸性の飲料を摂取することによっても起こるトゥースウェアと呼ばれているものの一つです。

初期はエナメル質に限局した艶消し状態ですが、更に進行すると歯は丸みを帯び、歯の輪郭は失われます。酸蝕がエナメル質を超えると、黄白色の象牙質が露出し、進行が加速し、最後には歯の神経がむき出しになってしまいます。そこで毎日の生活習慣を点検してみましょう。

・柑橘類を1日2個以上摂取する
・清涼飲料水を週に4〜6本以上摂取する
・りんご酢を週に1本以上摂取する
・スポーツドリンクを週に1本以上摂取する
・嘔吐が週1回以上ある場合
・胃症状が週1回以上ある場合

などに該当するときには、注意や改善が必要となります。これに加えて唾液の役割も非常に重要になってきます。

通常、口の中では、唾液の希釈作用や緩衝効果により歯は守られているからです。いずれ早期に発見しすばやく処置し、これを予防することが大事です。



■歯のかぶせ物について

歯の詰め物には次のようなものがあります。
口の中で歯にかぶせたり、つめたりする材料は大きく次のように分けられます。

 (1)金属材料 (2)高分子材料 (3)陶材


まず(1)金属材料ですが、金合金、金銀パラジウム合金等か゜あり金属としてのかこうのしやすさや機械的強度を持つことから、小さな詰め物〜ブリッジ等の治療に用いれます。しかしながら金属という事で金属色があり歯の色と大きく異なることが欠点です。

つぎに(2)高分子材料材料ですがコンポジットレジンがあげられます。これはベースとなるレジンにフィラーを混ぜ合わせ加工したものですが、近年では歯と同等の機械的性質を持ち、歯に接着することが特徴的な材料となります。

歯に接着するという事は歯に対して詰め物を固定するための形を整える必要がなくなり歯を削る量が少なくなります。しかしながら吸水性があるため経年的に劣化します。

そして(3)陶材ですがセラミックスというのが一般的です。陶材は歯にもっとも似せて作れることから審美性が高くなります。

しかしながら硬いがもろいという性質のため、咬む力などによって破壊されやすくなります。そのため陶材にアルミナの粒子を添加や金属などとともに組み合わせて使用されます。

以上が歯科における三大材料ですが、それぞれ単独もしくは複合して使用します。例えば陶材の見た目のきれいさと金属の強度があるという性質を利用した陶材焼付け鋳造冠などは材料を複合した代表例とも言えます。

このように歯科材料においては生体に対する安全性を最重要点としてそれぞれの材料の長所、短所をよく理解したうえで使用されていますので安心して治療に臨んでいただいたらいいと思います。また治療に際してご不明な点があればよく歯科医師にご相談することが必要だと考えます。