プライスリスト
検索窓

不幸にも歯を失ってしまったとき、注目したいのがインプラント治療です。
人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで、自分自身の歯とまったく同じ感覚で噛めるようになります。
注目されるインプラント治療について、今回は治療後のメンテナンスについてお伝えします。

20210513-1.jpg



■インプラント治療後にはメンテナンスが必要なの?

インプラント治療は、「やって終わり」ではありません。
インプラントにも寿命はあり、その長さはご自身のメンテナンス状況によって変わってきます。 仮にインプラント治療で人工歯根を埋め込んでも、土台部分に問題が発生すれば再治療が必要になるでしょう。

インプラント治療後に問題になりやすいのは、以下の2つです。

 ●インプラント周囲炎
 ●インプラントの割れや欠け、抜け

治療後もしっかりとメンテナンスしておけば、インプラント周囲炎になる可能性を減らせます。 またインプラントそのものの、割れや欠けの予防にもつながるでしょう。
定期的にメンテナンスを施していれば、トラブルの早期発見にもつながりますし、メーカー保証も受けやすくなります。


■基本のセルフメンテナンス

インプラント治療後のメンテナンスは、毎日のセルフメンテナンスと定期的なクリニックメンテナンスを組み合わせて実施していきます。 セルフメンテナンスの方法は、以下の通りです。

 ●日々のブラッシング
 ●フロスを使った歯間ケア
 ●デンタルリンスの使用

セルフメンテナンスの基本は、口腔内を清潔に保つことです。 インプラント治療をしたからという理由で特別なことを始める必要はありませんが、清潔な状態を維持できるよう、これまで以上に意識していきましょう。


■定期的なクリニックでのメンテナンス

インプラント治療後に重要なのは、クリニックで受ける、定期的なメンテナンスです。
2〜6ヶ月に1度の頻度で歯科医院を訪れ、インプラントや口腔内に異常が生じていないかチェックしてもらいます。 泉田歯科医院では3ヶ月に1回のお口のクリーニング、半年に1回のインプラント検診ほ受けていただくことをお約束させていただいております。

 ●虫歯や歯周病の状況チェック(3ヶ月に1回)※当院の場合
 ●レントゲンによる骨や歯の根元の状況チェック(半年に1回)
 ●ブラッシング指導(3ヶ月に1回)
 ●歯のクリーニング(3ヶ月に1回)
 ●専用の器具を使用し、骨とインプラント体がしっかりくっついているかチェック(半年に1回)

レントゲンによるインプラントの確認以外は、一般的な予防歯科とほぼ同じ内容です。 セルフケアをどれだけがんばっていても、残念ながら限界はあります。 定期的にプロによるメンテナンスを組み合わせることで、口腔内の状態を適切に保ちやすくなるでしょう。

20210513-2.jpg



■メンテナンスは継続が重要

インプラント治療後のメンテナンスは、継続が大切です。 「面倒だな…」「引っ越しして行きつけの歯科医院が遠くなってしまった」など、足が遠のいてしまう理由はさまざまですが、インプラントもその他の歯も守り続けるためには、継続的なケアが必要です。 なんでも相談できる「かかりつけの歯科医」がいれば、気になる点が出てきたときでも安心です。

メンテナンスに通うことで、たくさんのメリットがあります。歯周病・虫歯予防はもちろんのこと、お口の中がきれいになる、早期発見で治療箇所が見つかるため、少ない回数で治療が終えられることがほとんどです。

インプラントは、自費診療になり、期間もかかりますが満足する噛み心地が得られる治療法の一つです。

20210513-3.jpg