プライスリスト
検索窓

子どもの歯磨きをしっかりと行うために、重要なのは「歯ブラシ選び」です。

子どもにとって扱いやすいアイテムを選ぶことで、汚れの除去率をアップできるでしょう。 ここで気になるのが、普通の歯ブラシ電動歯ブラシ、どちらを選んだ方がいいの?という点です。 それぞれのメリット・デメリットを解説します。


■電動歯ブラシのメリット・デメリットは?

電動歯ブラシのメリットは、以下のとおりです。
・手を動かすのが苦手な子どもでも、しっかりとブラッシングできる
・短時間で歯磨き可能
・子どもの興味を引くことができる

普通の歯ブラシで歯を磨こうとすれば、手を小刻みに動かす必要があります。 実はこの動作が苦手…という子どもは少なくありません。 電動歯ブラシであれば、自動で振動してくれますから、あとは当てる位置を調整していくだけでOKです。

ただ一方で、毛先がきちんと当たっていなくても、なんとなく磨いた気になってしまったり、使い方を誤ると歯や歯茎を傷つけてしまったりすることも…。 デメリットも考えると、電動歯ブラシの使用は、子どもがある程度大きくなってからがおすすめです。



■手動歯ブラシのメリット・デメリット

手動歯ブラシのメリットは以下のとおりです。
・力加減が調整しやすい ・自分で歯を磨くスキルを高められる
・コストパフォーマンスに優れている

自分の手を使って歯磨きをすれば、力加減や手の動かし方など、経験の中で自然に学んでいけるでしょう。 これから先、歯磨きと付き合っていく期間は非常に長いですから、幼少期から学んでおいて損はありません。

1本当たりの料金が安いので、毛先が傷んできたとき、手軽に交換できる点もメリットだと言えます。


■結局どちらを選べばいいの?

小児歯科からのアドバイス 電動歯ブラシと普通の歯ブラシには、それぞれメリット・デメリットがあります。 「どちらの方が優れている」とは、一概には言えません。 どちらにしても重要なのは、「正しい磨き方ができるかどうか」です。

子どもの歯磨きの様子をチェックしながら、向いている方を選択してみてください。 電動歯ブラシを選んだ場合でも普通の歯ブラシを選んだ場合でも、保護者の方の仕上げ磨きは必須です。

両方試してみて、磨き残しの差をチェックしてみるのもおすすめです。 小児歯科では、積極的にブラッシング指導を行っているところも少なくありません。 実際に子どもの歯の状態をチェックしながら、電動と手動、どちらが向いているかアドバイスしてもらうのもおすすめです。



■歯ブラシの特徴を知ってベストな選択を

歯ブラシにはそれぞれ特徴があり、それを知った上で選ぶことが重要です。 子どもの歯にどれが合っているのか、保護者の方が見極めるのは難しいかもしれません。 子どもの歯磨きの様子や磨き残し、プロのアドバイスなどを参考に、選んでみてください。




歯科用口唇筋力固定装置 りっぷるくん お子様用歯磨き粉
20210921-2.jpg 20210921-1.jpg