プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

こんにちは 泉田尚宏です。

平成24年、3月24日、東京医科歯科大学で
ニューヨーク大学インプラントCDEコースがスタートしました。

私自身、ハーバード大学、ペンシルベニア大学に続き、
3回目の海外留学研修になります

3年間で、東京、中国の青島医科大学、ニューヨーク大学、ルーマニアのブカレスト大学で、それぞれ研修を受けるというコースです。

参加を決めた理由は、日本の薬事法の厳しさにあります。
海外では常用されている骨補填剤(人工の骨)はじめ、多くの材料が
日本では未承認で、ごく少数の限られた材料しか使えないのが現状です。
しかし、これでは世界との差は広がるばかりです

泉田歯科医院は、常に世界基準での治療を目指していますので、
参加することにしました

第1回は、東京医科歯科大学で、
ニューヨーク大学教授Dr.Sang ChoonCho をはじめ、
素晴らしい先生方の講義とハンズオンが行われました

内容は、世界最先端にふさわしく、
基礎を中心としたレベルの高いものでした

科学は、日進月歩、常に変化し、
進化し続けているんだなと感じさせる、素晴らしい内容でした。

  

追伸
最近のホットなニュースで、UCLA(カリフォルニア大学)の小川隆広教授が、
アメリカでAcademy of Osseointegrationの最高科学賞である
William Laney Award最高学術賞を受賞されました

  

写真は、賞の名づけ親で、米国にインプラントを持ってきた立役者である
AO初代会長のLaney氏と、
JOMIのエディターで、歯科界にあらゆる影響力をもちAOの21代会長である
Steve Eckert氏です。
真ん中は、小川隆広教授です

歴史を代表する新旧のリーダー二人から讃えられ、
栄誉をうけた、光機能化の受賞です。
このAOの賞、日本初の快挙だそうです。

光機能化とは、インプラントにある特定の光線をあてると、
インプラントと骨との接着能力が倍増するなど、
性能が著しく高まるというものです。
素晴らしい発見だと思います

同じ日本人が、アメリカで頑張っている姿を見て、
心強く感じるとともに、自分も頑張らねばと、強い刺激を受けました。