プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

こんにちは。
泉田歯科医院の泉田尚宏です。

平成24年 4月22日、
東京のお茶の水にある日本大学歯学部付属病院の講義室で、
ニューヨーク大学CDE Program Session2 が始まりました。

日本国内での講義は、これが最後になります。
Session3からは中国青島、ルーマニア、ニューヨークと続きます。

まず、ニューヨーク大学歯学部副学長Dr.H.Kendall Beachamより
このコースが世界基準で行われていること、
最先端のレベルであること、
ニューヨークを中心に世界各地で行われていること
など、
ニューヨーク大学とコースについての概略の説明がありました。

ニューヨーク大学歯学部副学長Dr.H.Kendall Beacham
ニューヨーク大学副学長
Dr.H.Kendall Beacham

最初の講義は、
ニューヨーク大学ブラジルProgram主任Dr.Newton Cardose
による
審美歯科についてで、
いかに美しい歯を短期間で作ることができるか、
最新の材料を駆使して歯を作成する審美歯科の最前線の講義でした。
Dr.Newtonの
「エクセレンスは、行動ではなく習慣によっておこる」
印象に残る言葉でした。

 

次の講義は、
Dr,Michael Sonick (Yale大学医科大学院口腔外科助教授)で、
インプラントについての最新の情報が盛りだくさんの内容でした。
また、麻酔中に患者さんにクラシック音楽を聞かせるなど、
ユニークな取り組みも紹介していただきました

「Dentist can change patients self esteem」
私たち歯科医師にとって心強い言葉をいただきました。

また、患者さんとお話しするのが大好きと言っておられました。

すばらしい講義内容とともに、
Program Session3 中国青島での説明があり、Session2が終了しました。

明日からの臨床に活かせることが盛りだくさんで、すばらしい内容でした。


Dr,Michael Sonick