プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

キシリトールの効果とは?

最近は色々なところでキシリトールという言葉を耳にしますよね。
歯に良い、という話をきいたことのある人も多いかもしれませんが、
具体的にどのようなものなのかを確認しておきましょう。


キシリトールは野菜や果実などに含まれている天然の甘味料で、
カロリーは砂糖より低いにもかかわらず、
砂糖と同じくらいの甘みがあります。
血糖値に影響しないため、
糖尿病患者さんなどにも注目が集まっています。

キシリトールが歯に良いといわれる理由としては、
虫歯の原因となる酸がつくられないためです。

砂糖などの糖分の場合、
分解されることで酸が出て、それが歯を溶かします。
ですがキシリトールはそれが行われず、
虫歯に関係する菌が育ちづらい状況を作り出せるのです。


また、歯の表面を再石灰化させる力も強く、
虫歯になりにくい歯をつくることに適しています。

そのため最近では、色々な食品などでキシリトール成分が含まれており、
予防歯科の一環として大きく注目されているのです。

食品などにキシリトール成分が含まれている場合は、
含有率が50%以上のものを選ぶようにするといいでしょう。


ただ、キシリトールがあれば虫歯にならないというわけではなく、
当然糖分を含んだものを日ごろから摂取していれば、
虫歯を引き起こしてしまいます。

普段の歯磨きにあわせ、
キシリトールを無理なく取り入れてみることが
歯の健康を維持する秘訣といえるでしょう。