プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯本来の色は何色?

歯の健康を気にする人が増えてくる中、
歯の見た目を大きく気にする人も増えてきています。

そのため歯並びを直したり、
歯を白くキレイに見せるための方法などを取り入れたり
する人も多いことでしょう。

歯の色は予防歯科にも関係することであり、
その色の具合によって歯の健康状態を確認することも出来ます。


健康的な歯の正常な色とは、
黄色がかった灰色っぽい白の状態です。
アイボリー色というとわかりやすいかもしれませんね。
象牙もまさにこの色ですが、人間の歯も例外ではないのです。


真っ白の歯が健康的と思われやすいですが、これは見た目を意識して
歯の表面を漂白したりする技術がつかわれています。
髪の毛の色を変えたりしておしゃれを楽しむ人も多いかと思いますが、
それと同じように歯を白くしていると考えればいいでしょう。

人と多く接する仕事などをしている人は、
実践している人も多いようです。

また、特に虫歯などはないのに、
歯の色が日常生活でどんどんと変わってしまう場合には、
コーヒーやお茶などの成分が影響していることもあります。

タバコを吸っている人の場合は、それが関係していることもあります。

また、歯の詰めものが経年変化を起こし、
変色してしまう場合などもありますから、
気になる場合は早めに歯医者さんに行って相談してみるといいでしょう。