歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

当医院ではインプラント治療をより安全に、より正確に行うために、コンピューターシミュレーションを行っています。

以前のインプラント治療は、レントゲン写真と経験、勘に頼って行われてきました。
しかし、コンピューターシミュレーションすることにより、より安全で正確に手術を行えるようになりました。

コンピューターシミュレーションとは、CT断層撮影でできた立体画像をコンピューター解析し、血管や神経の位置、骨の厚みなどを正確にわりだし、インプラントを最も適切な位置に埋入できるように設計することです。

神経の走行近くにインプラントを埋入すると、術後に神経麻痺の症状がでる場合があります。
そうならない様に、神経からは一定の距離を取ってインプラントを埋入しなくてはなりません。

また、血管が近い場合、特に動脈管はその周囲に毛細血管が取り巻いており、近くをドリルで削ると異常出血を起こしたり、またドリルそのもので動脈管を損傷する場合もあります。

このようなことがおこらない様に、安心・安全のためコンピューターシミュレーションをしなければなりません。

これにより、インプラントの位置が決定し、その位置に埋入できるようにドリルをセットするシミュレーションガイドが作製され、そのガイドによりインプラントが、設計された位置に正確に埋入されることになります。

コンピューターシミュレーションにより手術時間は大幅に短縮され、患者様の負担も大きく軽減されるようになりました。

CT断層撮影とコンピューターシミュレーションは、現在のインプラント治療ではなくてはならないものです。
この両方がそろって初めて安心・安全な手術が可能となります。







※色は骨の固さの違いを表しています。