プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

当医院ではインプラント治療をより安全に、より正確に行うために、コンピューターシミュレーションを行っています。

以前のインプラント治療は、レントゲン写真と経験、勘に頼って行われてきました。
しかし、コンピューターシミュレーションすることにより、より安全で正確に手術を行えるようになりました。

コンピューターシミュレーションとは、CT断層撮影でできた立体画像をコンピューター解析し、血管や神経の位置、骨の厚みなどを正確にわりだし、インプラントを最も適切な位置に埋入できるように設計することです。

神経の走行近くにインプラントを埋入すると、術後に神経麻痺の症状がでる場合があります。
そうならない様に、神経からは一定の距離を取ってインプラントを埋入しなくてはなりません。

また、血管が近い場合、特に動脈管はその周囲に毛細血管が取り巻いており、近くをドリルで削ると異常出血を起こしたり、またドリルそのもので動脈管を損傷する場合もあります。

このようなことがおこらない様に、安心・安全のためコンピューターシミュレーションをしなければなりません。

これにより、インプラントの位置が決定し、その位置に埋入できるようにドリルをセットするシミュレーションガイドが作製され、そのガイドによりインプラントが、設計された位置に正確に埋入されることになります。

コンピューターシミュレーションにより手術時間は大幅に短縮され、患者様の負担も大きく軽減されるようになりました。

CT断層撮影とコンピューターシミュレーションは、現在のインプラント治療ではなくてはならないものです。
この両方がそろって初めて安心・安全な手術が可能となります。







※色は骨の固さの違いを表しています。





治療の不安感を減らすためのコンピューターシミュレーション



・歯科医院でコンピューターシミュレーション?


インプラント治療を行う歯科医院で、コンピューターシミュレーションを用いて治療に当たるところが増えています。

歯科医院で歯のインプラント治療の際に使われるコンピューターシミュレーションは、CT撮影で得られたデータをコンピューターで解析し、そして治療のシミュレーションをすることを言います。

コンピューターで解析することにより、顎の骨の厚みや、血管や神経の位置などが正確にわかり、その正確に割り出した情報から、どういった長さや太さのインプラントを、どの位置に、またどの角度で埋入すればいいかをシミュレーションするのです。


・コンピューターシミュレーションをする意味

従来のインプラント治療では、レントゲン写真を元に治療を行っていました。ですが、このやり方には二つの大きな問題点がありました。

一つは、レントゲン写真のみを元にするため、医師の経験による勘と感覚によって治療が行われていたことです。

そしてもう一つが、同じくレントゲン写真を元にしているため、顎などの実際の骨幅、骨質、神経までの距離が正確にわからない中で治療をしてたことです。

つまり、情報量がかなり限られている上に、医師の技量や感覚に頼るしかなかったのが従来のインプラント治療なのです。

そこで現代のコンピューター技術を用いてシミュレーションすることで、確実に、正確で、緻密な情報を揃えられ、血管や神経の位置もわかることから、より安全な手術が医師の力や勘のみに依存することなくできるようになったのです。

よくドラマなどで、執刀医が手術前に頭の中で手術手順や手法をイメージトレーニングする、というシーンや描写がありますが、このコンピューターシミュレーションというものは、実際に得られた一人一人のデータから擬似的にコンピューター上で手術を行う(=シミュレーションをする)と言い換えることができます。

これらが、歯科医院でインプラント治療をする際にコンピューターシミュレーションを行う意味なのです。


・コンピューターシミュレーションによって

上記のように、より正確で、緻密で且つ確実なデータを使ってシミュレーションをしますし、そのシミュレーション内容と、そこから考えられる治療計画というものを医師から説明されますので、患者の方々にとってはより安心して納得のいく手術を受けられる、というのがコンピューターシミュレーションの大きなメリットです。

手術を受ける側としては、やはり、どういった手術を行われ、何をどうされるのかがわからないということが一番不安ですよね。そして、コンピューターでシミュレーションをすることによって、手術にかかる時間がかなり短縮されていますので、その点の不安感や負担を減らすことに繋がります。

これも同様に、長時間の手術を受けるというのもまた大きな不安材料になってしまいますからね。これらを踏まえまして、インプラント治療でコンピューターシミュレーションをする、というのは患者側からすると、安心感を追求した治療方針の説明法、治療計画の立て方、またその手術であると言えます。

もしインプラント治療をお考えの方がいましたら、コンピューターシミュレーションを導入している歯科医院に相談をしてみてはいかがでしょうか。不安のない、納得のできる手術が受けられるとしたらいいと思いませんか?