プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー


こんにちは 泉田歯科医院院長 泉田尚宏です

10月1日より、ニューヨーク大学CDE Program Session5が、 ルーマニア ブカレストで始まりました

Session5は、ブカレスト大学病院で、実際にブカレストの市民の方々にインプラントの外科手術を行うもので、NY大学 Ady Palti 教授の指導のもと、ルーマニアの口腔外科の教授の先生方とともに手術を行うものです
P9020018.jpgP9020033.jpg







P9020034.jpg








ところが、予定外のことが起こりました ブカレスト大学病院が水道管の破裂のため、使用不能になったのです
急きょ、代わりにTransilvania州 Brascv市にあるDental med.comで手術が行われることになりました


ブカレストからバスに揺られて3時間、患者さん、大学教授の先生方、ブカレスト大学のスタッフ、ニューヨーク大学のメンバー、手術器具、まさに大移動でした
P9030050_1.jpgP9030048.jpg









P9030058.jpgP9030056.jpg









684A3276.jpg




ブカレスト大学Nita 教授と

手術は無事に完了し、患者さんの方々と共にブカレストに戻りました 疲労からバスの中では熟睡でした

翌日、Palti 教授から手術の反省と質疑応答、今現在の世界のインプラント界の最新情報を教えていただき、Session5を終了しました
P9020039.jpg





NY大学 Ady Palti 教授

この研修で、自分の外科技術が一段とアップしたような自信がつきました すばらしいSession5でした

そのあとすぐに、夜の便でトルコに移動しました ICOI国際口腔インプラント学会の世界大会がイースタンブールで開かれるためです

ルーマニアでは、現地の方々は日本語が全く通じなかったのですが、イスタンブールでは、ホテルのスタッフや、商店の店員がカタコト日本語で「コンニチハ」「オトウサン」などと話しかけてきます 後で聞いたのですが、トルコは親日派の人が多いとのことでした
P9050075.jpg2013101313165619134.jpg









2013101313180819073.jpg2013101313190118969.jpg










大会は世界から多くのDr、衛生士、デンタルスタッフ、歯科関係の業者さんが詰めかけ、非常に賑やかでした

講演会は、世界トップクラスの先生ばかりで、とっても勉強になりました
私自身、次回台湾で症例発表が控えているので、身の引き締まる思いでした

今回のブカレスト、イースタンブールの研修で、世界レベルの治療を肌で感じる事が出来、 とっても充実した素晴らしい研修でした

研修以外で感じたことは、人々の心の豊かさでした ルーマニアは日本に比べれば貧しい国です 野犬やストリートチュードレンも見かけました 
でも、人々の表情はとっても明るく、笑顔に満ちていました 心の温かさを感じました ふと、今の日本人が忘れかけているものかなと思いました

イスタンブールでは、日本が外国の人たちから好感を持たれていることを感じました 皆さんとっても親切にしていただきました そういった意味で、研修以外でもとっても勉強になった一週間でした