プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

2014年4月14日より、ドイツのバーデンバーデンにあるNY大学教授 Ady Palti教授のオフィスで、ICOI国際口腔インプラント学会 ドイツ Session が行われました。
 a_1.jpg  b_1.jpg
 c_1.jpg
 d_1.jpg  e_1.jpg
f_1.jpg







Ady Palti教授のオフィス
 ___9.jpg

内容は、Ady Palti教授のインプラントのライブオペとそれについての勉強会で、世界最先端の名にふさわしく、新しい技術、材料が盛り沢山で、素晴らしい内容でした。

Ady Palti教授の講義とライブオペを見学し、世界の臨床科学の進歩のスピードがとっても速いことを強く体感しました。 日本にいる私たちは、いつもアンテナを世界に向けて張っていなくてはならず、それらから片時も目が離せないことを改めて感じました。

常に自分が最先端のレベルでいられるのはほんのわずかな時間で、日常の技術的精神的向上に励まなければ、あっという間に取り残されてしまう、そういったことを感じさせてくれる勉強会でした。
 g.jpg  i.jpg
NY大学教授 Ady Palti教授 フランンス Joseph先生


Ady Palti教授の次は、フランンスのJoseph先生のPRF(血液を固めた材料)についての説明と臨床ビデオ、症例発表が行われました。

日本で行っているレベルよりさらに高いレベルでの手術が行われており、バーデンバーデンまで来て本当に良かったと思える、素晴らしい内容でした。
明日からすぐに臨床応用できるものが多く、大変勉強になりました。

バーデンバーデンは温泉町なのですが、温泉に浸かっている時間はなく、朝から晩まで講義でしたが、最終日、少しだけ時間ができたので、地元の公衆浴場に参加者みんなで行きました。

文化の違いを肌で感じ、かなり緊張しましたが、とってもいい体験をしました。


泉田歯科医院院長
泉田 尚宏