プライスリスト
検索窓

歯を失った時の治療法は現在「インプラント」、「ブリッジ」、「入れ歯」と3種類が挙げられます。 歯科医院では口の中や全身状態に問題がなければ、「インプラント」をすすめられることが多いです。 なぜ、「インプラント」がすすめられるのでしょうか。 


■3種類の治療の特徴
20201210-1.png

・インプラント 

インプラントは顎の骨に人工の歯根を植え込み、その上から人工の歯をくっつける治療です。 メリットは他の歯に負担をかけることなく入れられること、噛む力が自己の歯と同じくらい得られることが挙げられます。  

また、見た目が他の治療に比べても格段に良いということもメリットの1つです。 しかし、外科手術が必要となるため、持病がある人は受けにくくなります。 また、保険診療ではないため、治療費が他の2種類と比べると高いです。 

20201210-3.png

・ブリッジ

ブリッジは残っている自分の歯を削って、その歯に抜けた分の人工歯をかぶせて連結して固定する治療です。 

メリットは、固定されるため違和感が少ないことが挙げられます。 見た目もきれいなものが多いです。 デメリットとしては残っている自分の歯を削るため、自己の歯に負担がかかることです。また、自己の歯が残っていないとできない治療になります。

20201210-2.png

・入れ歯

入れ歯は、取り外し可能な人工歯を作ることです。  
部分入れ歯の場合は、留め金を隣の歯にかけて使用します。 メリットは、歯がなくなった部分が大きくても治療ができることです。  

また、他の2種類の治療とは違って簡単に行えるため、治療期間も短くなります。 しかし、部分入れ歯の場合、隣の歯に留め金をかけることでその歯自体が悪くなることがあります。

また、固定されていないため噛む力が弱いこと、留め金が見えることで見た目もきれいではないことがデメリットと言えるでしょう。


■「インプラント」がすすめられるわけ

「インプラント」が歯に優しい治療のためです。 「ブリッジ」も「入れ歯」も残っている健康な歯を削ったり、他の歯を傷めてしまう可能性があります。 しかし、「インプラント」は健康な歯を削らずに、美しさも得られる治療なのです。  

それに加えてしっかりと噛めることで、歯茎や顎の骨が痩せることも防ぐことができます。


 ■「インプラント」をすすめられたら

「インプラント」は他の健康な歯への負担が少なく、見た目も美しい治療ですが、最初に書いたようにデメリットもあります。 「インプラント」をすすめられた時は、歯科医師とよく相談しましょう。 治療期間やメンテナンス方法などをしっかりと理解されてから受けることをおすすめします。