プライスリスト
検索窓

数十年の間に進化し続けているインプラント治療。
今では世界で200種類以上のインプラントがあります。 インプラント治療とは、何らかの理由で歯が抜けてしまった人に対して、顎の骨に人工の歯根を植え込み、その上から人工の歯をくっつけるという治療です。 では、インプラント治療は誰にでも行うことができる治療なのでしょうか。

20210128-1.jpg

20210128-2.jpg



■インプラント治療は何歳から何歳まで?

・何歳から? 2021012810434241531.png
インプラント治療は顎の骨に人工の歯根を植え込むため、顎の骨の成長が止まる20歳以上から受けることができます。 しかし、20歳以上であっても、妊婦さんは治療の負担が大きいため、受けることができません。

・何歳まで?
インプラント治療は外科手術が必要になる治療です。 そのため、手術に耐えられる体力が必要となってきます。 心臓病や脳梗塞、高血圧、糖尿病などがある方は手術中、手術後のリスクが高いため、受けられないことが多いです。 その他の病気でも受けられない可能性があります。

インプラント治療に年齢制限はありませんが、年をとればとるほど体力が落ちたり、病気が出てきたりと受けられなくなる可能性が高いと言えます。



■年齢に関係なくインプラント治療に大切なこと

・口の中を清潔に保つ
インプラント治療後には感染症のリスクがあります。 治療した部分の周辺に感染を起こしやすくなるため、治療前も治療後も口の中をきれいにしておく必要があります。 インプラント治療前に虫歯や歯周病がある方は、まずそちらの治療が優先です。 口の中がきれいになった後に、治療を行います。 また、

インプラント治療後は、正しい歯磨きが大切です。 セルフケアでの歯磨きだけでは不十分なため、定期的に通院し、メインテナンスを受けることが必要です。 インプラントを長く持たせるためには、定期的な通院が大切になります。

・喫煙者は、禁煙もしくは減煙が必要
喫煙は骨と人工の歯根のくっつきを悪くしたり、治療部位に炎症を起こしたりとインプラント治療を妨げます。 そのため、治療の前には禁煙や減煙が必要です。 治療後も口の中の清潔を保つためにも、禁煙や減煙を続けていきましょう。



■噛める歯を取り戻すために

インプラント治療は、20歳以上の健康な人であれば、受けられる治療です。 歯を失ってしまった人には、メリットがたくさんある治療です。 インプラント治療をされる時は、歯科医師とよく相談しましょう。 正しいインプラント治療を行い、噛める歯を取り戻せるといいですね。